プロフィール

なっつん

Author:なっつん
福岡に住むなっつんとあやさわ母によるわんこブログです。

綾子:
ミニチュアダックスフンド、2001年5月24日生まれ、♀、5キロ、椎間板ヘルニアになって手術したけど今日も元気!

佐和子:
ヨークシャテリア、2005年12月25日生まれ、♀、2キロ、甘えん坊で人見知り、かわいいばっかりでごめんなさい!(笑)
2012年1月27日、6歳1ヶ月と2日で虹の橋を渡りました。

綾子は今日で

最近の記事

最近のコメント

過去の記事

カテゴリー

訪問ありがとうございます

綾子vs佐和子
ミニチュアダックスフンドの綾子とヨークシャテリアの佐和子のまったりした日々
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐和子の○○○○
昨日は一日TVを見ていました

14時46分 皆様と共に黙祷させていただきました

改めて私にできることを、身近なことから やっていこうと思います

犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます






もうず~と前 佐和子が1才にもならないパピー時代

佐和子より2ヶ月ほど後に生まれた同じヨーキーちゃんを

2週間ほど預かったことがあります

おこちゃま さわやけん かわいかろ~
021.jpg

その頃佐和子は部屋の中フリーになってましたので、その子の為に

ゲージも出して用意しました

佐和子の性格です その子がゲージの中で静かにしていれば

攻撃はしないのですが、おそるおそる外に出てくると

こわい目付きで追い込みかけてました

必ずゲージの中に押しやるのです

佐和子の目を盗んで素早く外に出て、母の膝の上で甘えろうものなら

ギャンギャン攻撃でした

103_20120308194859.jpg
きのつよさは てんかいっぴんやけん

2週間では距離は縮まらず、改めて佐和子の気の強さを認識したのでした

綾子を迎えて佐和子が家族になって・・・もうひとり 佐和子の妹をと

考えたこともあったのですが、佐和ちゃん 無理よね~と そのことは

考えないように・・・2わんこさんが居てくれるだけで幸せだったし




かあさんは佐和子を看病している時、二度とわんこさんは迎えないと

心に決めていました。苦しくて辛くて こんな思いには耐えられないと・・・

佐和子を亡くした後は綾子と静かに暮らして行こうと・・・

けれど寂しくて寂しくて 綾ちゃんが側で寄り添ってくれてても

心に大きな穴があいてしまったのです

佐和子のことを想っては泣きながら ネットで里親募集のサイトを

見たり 佐和子の面影を重ねては子犬を見ていました

誰よりも自分の心の変化に驚きながら・・・



そして・・・   佐和子のいもうとを迎えました

どういう縁があったのか どこかで繋がった縁だったのでしょうか

この仔をそっと抱きしめた時には、迎えることを決めてしまいましたから

P2203849.jpg

何故にこの仔 ?? 思わず抱っこした仔がこの仔だった 

多分 縁ってそんなものなんでしょうか

初めて会った時に撮らせてもらった写真です

何枚か写して正面向いたところを激写 笑

P2053729_20120308194859.jpg

三女としてわが家の家族になったポメラニアン日菜子です


続きます
                              あやさわ母


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

お天気に恵まれて
P3103978.jpg

風は強いけれど、良いお天気になりました。

お日様が出てるよ~ 佐和子 と語りかけながら 片付けてたのですが

母のベッドの足元に転がっているものに気付きました。

なんだろ~と近寄って拾い上げると、佐和子の紙オムツでした。

まだ病気発症初めは、部屋の中を徘徊できる位元気もあったので

紙オムツをつけてました。それが今日どこから 転がってきたのでしょう

まるで今脱ぎ捨てたようで・・・佐和子の毛っ毛もついてて・・・

佐和子の抜け殻のようで 母はもうそれだけで涙涙でした。

その後 管理人の運転で納骨堂に向かったのですが、佐和子は母の膝の上に

ちんまりお座りしながら・・・家から10分程の場所なんですが、行く道

いつものお散歩場所 河原の横を通ります。こらえきれず 号泣の母でした






無事 49日の法要とともに納骨を済ませました

P3104003.jpg

他のわんこさんや猫さんと一緒に小さな棚にちんまりと収まりました

P3104004.jpg

複雑な思いはありますが、魂・・・あるとすれば・・・

いつも側に寄り添ってくれてる筈ですし

母の顔を見上げながら、笑ったり時にはすねたりする可愛い仕草の佐和子が

側にいることに変わりはありません。いっときだって忘れることはありませんし

日々愛おしさは募るばかりです・・・だって佐和子は佐和子だけだから ねっ

管理人に言いました。母さんにもしものことがあったら 人間用ではなく

ここに佐和子の側に置いて欲しい・・・と    本気ですよん 

P3104005.jpg

もちろん 綾ちゃんも一緒やし

                                    あやさわ母



ブログを見ていただいてる方で、愛犬と同じ納骨堂ということで、

さっそく佐和子までお参りをしていただき感謝致します。

心よりお礼申し上げます。










テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

お花をありがとぉ~
ブログを通じて お友達になっていただいた方達から佐和子へお花が

届きました。ご紹介させていただきながら綴りたいと思います

yukaさま えるりんママ さまより届きました

P1303712.jpg

わが家は愛犬を亡くしたのは初めての経験でした

母が小さい頃は母の母さまが動物嫌いということもあり飼えず

大人になったら2~3年置きの転勤族で・・・もちろん無理でした

今の住居を購入して22年になりますが、購入の決め手はペットが飼えることでした。

けれど20年前は働き盛りで出張も多く留守がちの為、しばらくは我慢の日々でした

やっと10年程前に落ち着き、念願だった・・・というより子供の頃からの夢だった

綾子を迎えることが出来たとき どんなに嬉しかったかことか

小さくて無邪気で可愛くて どれほど生きる励みになったことでしょう 

さっちゃん  ちぃママ  ナナママ さまより届きました

P1293703.jpg

ひとりっこは寂しいかなと同じ犬種を迎えようかなと考えてた6年前に

生後30日ほどのクロスケ佐和子を偶然目にしてしまったのです。

ヨーキーのこともぼんやりとしか知らない状況でした。

けれど出会ってからは決断は早く、後は迎える2週間で本も買い込み

一からの子犬の育て方の勉強とサークルも設置

わが家に迎えてからは、性格もまったく違うヨーキー佐和子に夢中になりました

可愛くて可愛くて 気の強さまでいとおしくて!

一年二年と共に暮らしながら、その間綾子の椎間板ヘルニア発症という辛いことも

ありましたが、綾子も乗り越えてくれて・・・暮す年数を重ねる度に 絆も強くなっていきました。

こあら さまより届きました

P1293705.jpg

母もドライブ等のお出かけの際は後部座席に2わんこさんがいないと

楽しみも半減します。どこにでも一緒にお出かけしました。

まだまだ一緒に行きたいところはたくさんあったのです。

そして会いたいお友達もいたのです

えみり~  さまより届きました

P1303714.jpg

そんな矢先の突然の発症でした。けれど綾さんのようにきっと乗り越えてくれる

と信じ、看病をしたのですが その辛い壮絶な姿を見守りながら・・・

食べさせても飲ませても やせ細っていく佐和子を目の当たりにしながら なす術もなく・・・

こんなに苦しませるなら わんこさんを迎えなければ良かった・・・と一瞬でも考えた

・・・・・・ごめんね 

空天まま さまより届きました

P1303713.jpg

けれど失ってしまった今は恋しくて恋しくてたまりません

たとえ寝たきりでも母のことも自分のことも分からずとも・・・

側にいて欲しいと これは母のエゴなのでしょうね

佐和子は今はとっても楽になって きっと野原を駆け巡っていると信じているのに

まりん母 さまより届きました

P2013717.jpg

佐和子  母はまだ天使になった写真を見る勇気がありません

佐和子が苦しんだ日々も思い出したくありません

叶うなら封印したいよ・・・ 

いつもいつも太陽のような 佐和子だけを心に留めていたいから・・・

045.jpg

こんなにたくさんの綺麗なお花 佐和子のために有難うございました

管理人と話していて 私たち お花の数 きっと 佐和子に負けるよね~

なんて羨ましくもあります

P2013718.jpg

こんなに愛してもらえて 幸せだよね  佐和子・・・

                                 あやさわ母




さわこ お花畑に おるみたいやけん ありがと~  by佐和子     



テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

お礼
344_20120129081302.jpg

2キロにも満たない小さい佐和子がいなくなった部屋

とても広く感じられてそして寒い・・・気もします

体は疲れている筈なのに横になっても眠れない

ここ2ヶ月近くギャンギャン佐和さんのお世話をしていると

そのギャンギャン声が聞こえない今は・・・あまりにも静か過ぎます

あんなおチビちゃんだったのに、どんなに存在が大きかったか

しみじみ思いながらしたためています。

068_20120129082129.jpg


この度は佐和子の旅立ちに、たくさんの暖かいおくる言葉ありがとうございました

お一人お一人の言葉に涙が溢れ 泣きっ放しの数日でした

何度も何度も読み返しては涙涙の母です

佐和子もみなさまからの たくさんのラブレターを・・・

溢れる想いが詰まったお手紙を胸に抱えながら 旅立ったことでしょう

そしてまたご自身のブログでも佐和子のことをご紹介下さり・・・

優しく思いやり溢れる文章に、深く感謝しております

きっと佐和子 照れながらも大喜びしている筈です

どや顔が目に浮かぶようですね 本当にありがとうございました。




土曜日は佐和子のお葬式を済ませました。初七日まで済ませ

こんな小さな骨壷に入った佐和子が自宅に帰ってきました
(その時の様子はまた いつか書きたいと思います)

P1293697.jpg

納骨を済ませる四十九日までは ここにいて かあさんと管理人と綾さんと・・・

いつものように過ごしましょうね

P1293701.jpg

P1293709.jpg

一足先に春を先取りしたように・・・こんなに綺麗なお花に囲まれて

甘い香りに包まれながら お話したり遊んだり 夜は一緒に寝ますよ

P1293706.jpg

綾姉さん どうしても佐和ちゃんとツーショットしたいんですって

P1293707.jpg

佐和子へのお花 ありがとうございました

ご紹介はまた次回にさせていただきますね



お風呂に入って、浸け置いてた佐和子のうんP付 タオルやマットを

手洗いしていると こんな場面でですか?  涙が溢れ号泣してしまいました。

シャワーの音が隠してくれましたが・・・きっとこれからもそうなんでしょうね

明日からは仕事です 一週間頑張って働きますよ

お留守番よろしく! 綾ちゃん そして 佐和ちゃん

                                    あやさわ母




テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

ご報告
12月8日発症し、病気と闘っていた小さな小さなわが家の天使が

1月27日6才1ヶ月2日で虹の橋を渡ってしまいました。

119.jpg

今はベッドの中で苦しみから解放されて やすらかな寝息をたてているようです

121.jpg

ブログには書けなかったけれど、1ヶ月と20日余り 佐和子にとっては壮絶な日々

でした。徘徊が止まらず 体力の続く限り廻り続け 疲れ果てて眠る・・・

これは脳障害の後遺症だったと 

だから食べさせても食べさせても痩せていきました。

薬で調整するも安定期と不安定の時期が交互に訪れ、眠れない日々もありました。

佐和子が一番辛いでしょうが、その泣きながら廻る姿を見る母も管理人も

胸の痛い辛い日々でした。なんとか徘徊が治まれば眠ることで体力もつけられたの

でしょうが、この2日から3日はかなり激しくなってました。

もう薬の効き目もないのかと・・・

153.jpg

そして・・・ とうとう力尽きてしまいました

178.jpg

もう こんな笑顔を見ることも

230.jpg

こんな駆けてくる うさ佐和子を見ることは出来ませんが

326.jpg

そして こんな可愛いツーショットを見ることも出来ませんが

331.jpg

母の心の中には沢山の思い出が詰まっていますから・・・

目を閉じれば いつも母を見上げる可愛い佐和子に会えます

抱きしめた温もりもまだ手の中に残っています

103.jpg

きっと今頃は 虹の橋でたくさんのお友達に会っていることでしょう・・・

がるっ仔は そのままの筈だから お友達と仲良くしてもらえるか

かあさんはそれが 少し心配です

虹の橋は温かいですか お花は咲いてますか 

いつかきっと会えるから さよならは言わないよ  またね 佐和子


                                   あやさわ母




いつも励まし応援していただきながら、こんなご報告をすること心苦しく

申し訳ありません。皆様の温かい心に感謝致します。ありがとうございました。 




み・ん・な  また いつかあえるけん   by 佐和子   


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


ブログ内検索

お気に入り

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。